優先すべきはお金か時間か

長年売られてきたものが販売中止になると知ると必ず出てくるのが転売する人ですね。
完全に終了したわけではなく、今後のことでありまだお店には売っているのに、購入する人もいる。
地元では売っていなかったとかなら仕方がないのかな。
転売しようと思った人の発想も今では普通のことなのかもしれませんね。
昔よりも転売をするハードルも下がってきていますからね。
自分にはいらないものを出してみたら、欲しがる人がいたということも多いけれどなにからなにまでダメ元で出すことも可能ですからね。
自分で探すよりは、多少高額になったとしても人が買ったものを買う方が楽というのもありますね。
お金か利便性をとるかはひとそれぞれですからそれは有りでしょうね。

受刑者の高齢化

日本全国で押し寄せてくる高齢化の波。
ひとごとではない話題ですね。
受刑者の高齢化、なるドキュメントを見ましたよ。
とある女子刑務所の平均年齢は50歳。
西日本最多の400人収容を収容している刑務所です。
シルバーカーを押して作業する工場に向かうくらいで、70歳以上は60人もいる。
その年齢の為に一般的な洋裁ではなく簡単な作業になる。
聴力が低下、同じことを繰り返す受刑者。
熱中症対策でスポーツドリンクや氷枕を配るなんて老人ホームに見えます。
もともと孤独だった人は刑務所の中の方が居心地が良いと言う人もいるということですから、それはそれで国が養っているようなものですね。
高齢になると窃盗症などが増えるという問題もありますし大変です。

他のドラマシリーズで警察官

海外ドラマのクリミナルマンドが好きで見ています。
そうしたら、バスの中にサリンがまかれるという事件をやっていたんです。
日本で起きた地下鉄サリン事件の話しがちょくちょく出てきていて、なんとなく嫌な気持ちになりますね。
教祖とか信者とかの話しも、やっぱり世界的に知られているんですね。
20年ぶりでその記念に事件を起こした?なんてことをドラマ内で話しが出ていたのに、驚きました。
もうそんなにたっていたんですね。
しかも犯人が他のドラマシリーズで警察官として出ている人なんですよ。
それだけでも集中できない。
と思ったら、その犯人を脅す新たな犯人まで出てきましたよ。
日本の話題が出るだけではなく、今回の話しは嫌なストーリーでした。

被害を受けた梨を再利用

台風で被災した梨農家さん。
そのままでは出荷できないので梨のビールというのを作ったそうです。
一見おいしそうだなと思ったけどでもビールは嫌いなんですよ・・
ビールじゃなくてサワー系にして欲しいです。
傷ついた出荷できないナシを買い取ってビールにって考えた人は素敵ですね。
被害で2トンの梨がそのまま捨てられるなんて農家さんにとってもキツイことだし、なにより食べ物を廃棄するのは忍びないです。
子供も飲めるジュースにすればいいし、梨本来のほのかな甘さを生かしたものになりそうですよね。
梨の味がするアイスも売っていましたね。
おそらくかなり砂糖が入っているのでしょうけれど、夏でもさっぱりしていて美味しかった記憶があります。

クシャミがとまらず

クシャミがとまらずにいて辛いです。
大嫌いな夏が過ぎて涼しくなるととても嬉しいです。
しかしそれと同時にやってくるのが秋の花粉症ですよ。
一般的には春になると花粉症の話題になりますが、私は春よりも秋の方が敏感になります。
まあ、一年中続く慢性鼻炎なのでいつでもクシャミはしますけどね。
秋の方が強烈なのは私の体質でしょうね。
春の花粉症だってもちろんあるし、気温がだんだん暑くなるという憂鬱があります。
私が好きな季節は冬しかないということになりますね。
暑いより寒い方が断然良いけれど雪は困ります。
原付バイクに乗る身としては雨よりも困るので嫌ですね。
比較的雪が降らない地域だから滅多にないけれど凍結した道路の運転はめちゃくちゃ怖いです。

爆破で町おこし

爆破で町おこしをしているのは福岡県の元炭鉱の町です。
町のPRで動画を作成しているそうですけど、どういう自治体って最近本当に多いですよね。
40年前に建て垂れた町民体育館を取り壊すのも、ただ壊すだけじゃダメだ!
普通に壊すのではなく、爆破して動画を撮って見てもらおうって発想が面白いです。
今は動画がバズって話題になれば・・・・・
と思ってみていたのですが、なんだろう・・・・イマイチ感がありました。(笑)
パトカーとか車を走らせての爆破映像とか見せられても、ちょっと私にはわけがわからないです。
大昔の刑事ものとかであったのかな?
これは予算とかどうなのかはわかりませんが、町おこしに向かって力を合わせているその姿は良いと思いました。

「若者よ選挙に行くな」

選挙の話題があるにはあるけれど、政策の話しよりも足のひっぱり合いばかりが取りだたされているような気がします。
70歳以上では76.6%の人が関心があると答えているけれど、29歳以下は38%しか関心がないという調査結果もあるようです。
「若者よ選挙に行くな」と高齢の女性と男性が訴えている動画があります。
政治家は高齢者優遇の政策が続いて若者にとって厳しい未来が待っているということを逆説的に訴えています。
まあ、若い人に選挙の重要性を説くには良い方法だと思いますよ。
センキョ割という学生ボランティアの呼びかけもあります。
投票済み投票権を貰ったら割引などなど。
投票率の向上につながることに取り組む人たちには頭が下がります。

逆手に取った自虐動画

日本にはウォンバットが7匹しかいないそうです。
見た目はコアラみたいな感じで狂暴性もなさそうだし可愛いですよね。
日本国内でそんなにすくないのに、そのうちの5匹を飼育している動物園があります。
しかし、お客さまはあまりこない。(笑)
そこを逆手に取った自虐動画をつくっているそうです。
笑ってもらいたいって、大阪という土地柄でしょうかね。
そして、ウォンバットは腰のあたりがとても硬いっていうのもはじめて知りましたよ。
小さいかわいらしいしっぽはありますけど硬いおしり。(笑)
敵対勢力にみつかった場合はすばやく走って穴に飛び込みます。
頭からスポットと入っておしりまるだしですけど?
敵からかまれないように硬いおしりを向けているそうです。

無差別に切りつける事件

小学校へ行くために並んでいた児童を無差別に切りつける事件。
子供は宝であり大切な命です。
自殺した犯人には腹が立つとしか言えません。
スクールバスには教頭先生も付き添っていましたし、安全配慮はしていたようです。
この事件で保護者から、訓練を受けたプロの警備をつけられないのかという案が出ていました。
国の要人でもないけれど、子供を守るのにここまでしないといけない世の中になったのかと思うと悲しいです。
事件が起きてしまった学校は対策をせまられるでしょう。
しかし警備にお金を出せるような潤沢な学校だったら良いけど、公立だったら難しいですよね。
学校の売りとして安全性を前面に出せるところは良いのですが、なかなか難しそうですね。

新しい元号が発表

新しい元号が発表になってしばらくたっても、『令和』って読み方も響きもピンときませんね。
でも今、れいわで打って変換したら一発で出ましたけど、これはこれで不思議ですね。
平成になるときには完全に子供だったから、全く覚えていません。
そもそも今回は天皇が存命のうちに退位したから、お祝いムードもあります。
しかしだからと言って、令和関係のニュースとかテレビ番組が多すぎますね。
びっくりしたのが、年越しでもあるまいしテレビで特集をするそうな。
令和になる瞬間がどうしたっていうんでしょうか。
心底くだらないなとしか思えません。
テレビを見なくなって久しいですけど、そんな特集を各局やったって面白いのかどうかも疑問ですね。