眼精疲労

最近、妻は目の疲れを訴えてきます。 あまり自分の体調変化について言わないのでこちらも心配になってしまいます。 たんなる眼精疲労とあなどることなかれと診察を勧めています。 やはり専門家に診てもらうのが一番ですからね。 レントゲンやMRIを撮ることになったら自宅近くの病院にするか自分が勤めている病院にするかまえ考えてしまいます。 月末は、薬の伝票整理とか棚卸しで忙しいようなので月初に行くそうです。 そうなんですよ。 病院も月初の方が混雑しますので自分の患者も増えてきます。 妻の方は管理薬剤師の人数が少ないので個人の仕事量も多くなってしまうんですよね。 管理薬剤師は知識よりも適性が問われるので薬剤師の誰もができるわけではありませんからね。 優秀な人材はどこでも不足しているということでしょうね。