満月ケチャップライス

忙しい毎日でもたまいは仕事とは関係のない読書をしてみるものです。
本当は読まないといけないものはたくさんあるんですが、ストレスはためないようにすると同時に発散する方法も自分なりに上手に知っておくことが大切ですからね。
自分の場合は物語に集中していればストレス発散になります。
朱川湊人の「満月ケチャップライス」を読んでみました。
主人公は中学生の進也です。
妹のあゆみは小学四年生。
彼女が小さいときに進也が少し離れたすきに起こった事故で足が不自由になっています。
医学では完治できないことは自分のまわりにはたくさんあります。
物語でこの手の話題があるのは正直つらいものがあります。
進也は妹の幸せを願うとてもいい子です。
父親は進也に「お前のせいだ」と言う野郎ですでに離婚して、母と進也とあゆみでの生活です。
そこに一人、加わった謎のモヒカン男のチキさん。
現実にあった宗教団体の話しもチラリと出てきてほろにがい話しになっていました。