核酸アナログ

肝炎の治療で体から血液を抜いて肝臓にたまった鉄分は血液を作るために働く方法をしゃけつ治療があります。
男性7mg、女性は10mg
で生活の中では取った方が良いが肝炎になったら一日5mgが基準です。
しゃけつ治療はキッドを使うので全額負担で2500円、3割負担だと750円でC型肝炎の場合はできます。
B型肝炎ウィルス、肝硬変への進行を食い止めるのはどうしたらよいのでしょうか。
B型肝炎ウィルスは肝臓の細胞DNAを使って増殖していきます。
核酸アナログを飲むと、これを使って増殖をしようとしますが増殖しません。
薬を飲み始めると、ウィルスが減り始めているのがわかっています。
2000年以降に出てきた新たな治療があって良かったですね。
副作用は妊娠している場合は胎児に影響する可能性があります。
女性制度によって自己負担は1万円から2万円です。
ウィルスが下がってくるので肝硬変や肝臓がんになる確率が低くなる効果的な治療です。
B型は完全に治ることはありません。
しかし2015年にはまた新しい薬が出てくるので希望はあります。